子供の病気

【子どもの皮膚疾患】日光浴で免疫力UP?とびひのような肌荒れが気づけばピタリと治ったその原因とは!?

投稿日:2019年2月7日 更新日:

現在小1の次男。

彼が年長の冬〜1年生入学して初夏くらいまで、水いぼと、それによるとびひ?みたいな症状に悩まされていました。

子供の水いぼ・小児科で除去処置

夫は水いぼはなったことがないので、知らないそうですが、私は子供の頃、しょっちゅう出来ていて、病院でピンセットで取ってもらってた記憶があるので

次男に水いぼを初めて見つけたとき、すぐに水いぼだとわかりました。

現在は除去しない選択もあるそうですが

小児科で相談したら除去することに。

麻酔パッチシート?みたいなのを貼って、麻酔が効いてからピンセットで取るんです!

すごいですね、あれ。

取って、消毒して終了です。

しばらく跡が残りますが、特に再発はありません。

しかし、菌はうつるらしいので、体のいろんなところにちょんちょん出来ていました。

ある程度溜まったら除去してもらいに小児科へ行ってました。

水いぼってかゆくて、うっかり掻いちゃうんですよね。それが体のあちこちにうつってしまう原因に。

とびひのような症状に!

それがある時から、皮膚が荒れてただれたような感じに。掻いた水いぼがとびひしたのかな?と思って、小児科に相談したら、軟膏を処方されました。

特に改善しないままでした。

急にピタリと治った!

改善しないし、病院で診てもらったから、そのまま放置してたんです。少しづつ治ってきてる感じもあったんで。

そして、ふと気づくと、ピタリと治って肌が綺麗になってることに気づきました。

何でだと思いますか?

仮説ですけど、たぶん

日光浴のおかげで免疫力アップ

ではないかと。

水泳の授業が始まった

スイミングを習っていたのだけど、ちょうど工事が始まって、スイミングがお休みになっていたときでした。

肌もそんな状態だしちょうどよかったと思っていました。

だいぶ治ってきた皮膚はアトピーのようなかさかさになっていた頃

学校で水泳の授業が始まりました。

土日に学校のプールで、水泳のスクールも始まりました。夏場限定のスクールです。

‥そういえば、水泳スクールが始まった途端、肌が綺麗になった気がする‥!!

水泳のスクールは、土日にみっちり2時間泳ぎます。夏休みなんかはかなりギラギラと照りつける太陽の下。

これは、殺菌消毒されたに違いない!!!

そう思えるほどでした。

8月の末でスクールの活動は終了したのですが

キレイになった肌は、再び荒れることもなく、キレイな肌を保っています。

もともと、水いぼになる前はキレイな肌だったので、その状態に戻りました。

全く写真を撮っていないのが悔やまれますが(T . T)

紫外線の害が叫ばれていますが、やっぱり人間、太陽の光浴びることは大事なんじゃないかなーと思っています。

太陽(紫外線)の効果

殺菌効果

冬の沈んだ気分を和らげる

ビタミンDの生成?亀の甲羅干しのように骨の強化

‥などがあるかなぁと個人的には思っています。

紫外線の害も怖いけど、それよりも短時間でも太陽を浴びて、上記の効果を感じてみてはいかがでしょうか?

人間は、光なしでは生きていけないと思う!

まとめ

というわけで、太陽の殺菌効果スゴーーーって、地味に感動してしまった私であります(・∀・)

なかなか長時間、がっつりお日様に当たる機会ってないもんね。

次男の水着は短パンの形なので、体が日に当たる面積が大きかったんです。

私も意識的に日に当たろ。

たまに、子供に付き合って公園なんかに行くと、日が差す日はかなり疲れます。

それもまた、体を鍛える効果になるのかもね!

私の持論でした!

ここまでお読みくださってありがとうございました♡

-子供の病気

Copyright© , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.